【ご縁とご紹介Voice】

 

 2010年 映画監督 四ノ宮浩 http://www.office4-pro.com/

 

僕は2007年の初夏に、出会い、今まで多くの助言をいただいた。

なぜ彼女は、何の情報も与えなくとも、僕の過去、現在、未来がわかるのか。

なぜ彼女は、電話で話しただけで、僕の悩みと解決策をいとも簡単に言い当てるのか。

どうやら彼女は、僕の周りにいる目に見えない存在と会話できたり、はるか宇宙から見守ってくれている神の領域にいる方々の意思を感じることができるらしい。

「僕は何をするために生まれてきたのか」

今そのことの結論を出そうと、一本の映画を創ろうともがいている時でも、大切な友人のひとりである。いや、友人という枠を超え、人間という枠を超えた存在である。

僕は断言する。

彼女が自分のちっぽけな幸せを諦め、人類すべての幸せを願った時、天と地がひっくり返るほどの強烈なパワーを発揮する。人間という枠から飛び出せ!

「なぜ自分のことを二の次にして人のことを思えるのか」

僕が一番尊敬するマザーテレサのことを知って感じたことを彼女にも感じている。

彼女は、これから間違いなく日本をリードする注目のひとりである。

  

透視・予知アドバイスにより実現した 映画「BASURA」 神様は「この光景は日本の未来です」と3.11を警告していました。

「フィリピンの子供たちに無料で予防接種や検診を受けられる場を作りなさい」という神様の言葉により実現したバスーラハウス

 

四ノ宮浩監督とのご縁。<出会い>

 

数年前、熱烈な江原啓之さんファンの友人からのご招待で、富士で開催されたイルカさんのチャリティイベント(ゲスト:江原啓之さん)を見に行きました。

 

行きの貸切バスの中では、不思議とずーっと加山雄三さんの歌が頭の中で流れていて、確信的な予感ととも(加山さんの歌を知らないのに)頭の中で流れる歌詞の通りに歌って過ごしていました。(結果:コンサートが始まって登場した加山雄三さんは当日のシークレットゲストでした!)

 

山中湖の野外のコンサート会場に着いたのは夕方、四ノ宮監督と出会ったのは入場口の近くで並んでいる時でした。

 

招待してくれた友人の知人が挨拶を交わしている男性の背景に、幾つかの情報とともに様々な情景がアリアリと見えてきました。その内容はアジア圏の貧しい国で命に関わるトラブルに関する透視で、幾つかの情報とともに、近い未来の予知もありました。

 

命に関わる内容でしたので見過ごすこともできず、名前も知らない方に「どうして命を狙われているんですか?」と声をかけてしまい、その場ですぐに情報との検証とともに具体的なアドバイスをさせていただき、そのことが切っ掛けで監督ご自身のことや映画製作に関して予知や透視リーディング鑑定をさせて頂くようになりました。(現在はオフィースフォープロダクション顧問をさせていただいております)

 

今回の映画「バスーラ」は企画段階よりも前から様々なことを予知・透視させていただき、背景存在がたのお導きの通りに総てが実現いたしました。

 

背景存在がたより頂いたメッセージは今回の「バスーラ」という映画を入り口に、奥には大きな「大義」=フィリピンで暮らす貧しい人々に予防接種や医療活動、衛生活動などを普及させていく、という意図をいただいており、それを実現できたことは大変嬉しいことでした。

 

奥に「大きな大義」があったからこそ、介入許可をいただけて(普段の透視や予知の範囲を超えて)事細かな情報やサポート、お導き、ができたのだと思います。

 

<わたくしのこと>

 

物心が着いた頃から日常的に予知・透視・オーラ視・過去生視・憑依視・情報ダウンロードと共に、同時存在体験や不思議な体験をしてきました。

 

15年前に霊能者の加藤眞由儒さんと出会い、当時「ニセ霊能者と依存者が多すぎるので霊能者というのを撲滅していきたい」とまで仰っていた加藤さんより個人鑑定を行っていくようにアドバイスを頂きましたが、普通の家庭人であることを選び、能力のことは隠して暮らしてきました。

 

表面上は普通の生活を送りながらも不思議な体験は続き、2005年の光の啓示体験よりより具体的な導きや背景存在がたやエネルギー存在からの関わりを知覚できるようになり、それと共に自然にヒーリングやエネルギー調整、具現化ができるようになりました。 はじめはボランティアで背景存在がたからの導きがあった方にメッセージやエネルギー調整などを行うようになり、紹介者のみに個人鑑定を始め、現在に至っています。

 

背景存在型より私のお役目は多くの方の悩みの解消や個人的な幸せの実現と共に、「これから世の中を変えて良く人々のため」の霊的サポート役だと告げられています。

 

四の宮監督への透視・予知・神様のメッセージを通して バスーラの家 (フィィリピンで暮らす貧しい方々に無料で予防接種や医療を受けられる施設)を建てることが出来たことをとても嬉しく感じています。

 

(2011年4月 バスーラの家は四の宮監督の手を離れ、 日本リザルツさんに運営をお願いすることになりました。  バスーラの家スタッフブログ) 

 

お役目というと、なんだかとても恐れ多いような気がしてしまいますが、自分自身は何一つ凄いわけではなく、普通の人間であり、純粋に<只の神様の道具のひとり>として今までと同じ自然体でいようと思っています。

 

音楽プロヂューサー・ギタリスト YANAGIMANさん よりミクシィの紹介文を頂きました

 

大変ステキな方です。いろんな事が見えるみたいで、お会いするたびいろいろアドバイスを頂きます。 天使様がいらっしゃるみたいです。」

 

ヤナギマンさんとの出会い。<エピソード>

 

ヤナギマンさんとは守護霊さまのお導きで共通の友人を通じてご紹介いただきました。

 

2010年の2月、本屋さんの中で守護霊さまに「絆の法則」という一冊の本を購入するように言われ購入しました。

 

なんと守護霊さまは「本の推奨文を書いているヤナギマンさんから著者の澤谷先生を紹介して頂いてお会いできる」とおっしゃるのです。

 

当時ヤナギマンさんとご面識も無かった私は、さすがに守護霊さまのおっしゃることを信じることができませんでした。

 

3月になり、友人の主催する8名でのお食事会の席で偶然お隣の席の男性=ヤナギマンさんをご紹介され、過去生のことやご家族のことなど霊視させていただきました。

 

そして、守護霊さまのおっしゃるとおり、次の週末に澤谷先生をご紹介していただきました。

 

それ以降もヤナギマンさんはご親切にご自宅に招いてくださったり、整体の先生をご紹介してくださったり、とっても親切にしてくださっています。

 

リンクレコードの社長にもなられ、若手のミュージシャン発掘など活躍なさってらっしゃいます。

 

キックオフパーティでは最前列のど真ん中で応援させて頂きました!